東京クリスマスマーケット☆今年は生徒さまにもクリスマスリース出展のチャンスをいただきました☆

tokyo-christmas7

東京クリスマスマーケットに
2年連続、クリスマスリースを出展しています!

 

東京クリスマスマーケット2018@日比谷公園。

 

クリスマスイブの日に行ってまいりました!!

 

昨年に引き続き、
今年もクリスマスリースを出展させていただいています☆

 

tokyo-christmas4

 

 

クリスマスマーケットは
ドイツを中心に、中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭り。

 

日比谷公園のクリスマスマーケットは
日本最大級! なんですよ~。

 

今年はテーマごとに展示されています!

 

今年は
「ドイツスタイル」「北欧スタイル」「フランススタイル」の
3つのテーマに分かれて展示されている
クリスマスリースたち。

 

私のリースは
「北欧」のブースに飾っていただきました(^^)

 

tokyo-christmas6

 

深いブルーのポインセチアをメインにした
オトナ色のクリスマスリース。

 

リースの土台は
色々な太さのクラフトワイヤーをくるくるして
作っていますよ~。

 

フラワーアレンジを屋外に長期間展示するときに
気をつけること!

 

クリスマスマーケットの期間中、
リースは約2週間ずっと屋外に展示されるため、

 

クリスマスリースを作るにあたって、

 

●雨や風が強くても壊れない・傷みにくい素材をつかう

 

●リースをご覧くださるお客さま方が触られても
壊れないよう頑丈につくる

 

・・・簡単そうですが、
これをしっかりしておくことがとっても大事!
素材に気をつけ、丈夫に作っておかないと、
会期の最後のほうでリースがボロボロになってしまう可能性も・・・。

 

tokyo-christmas9

 

実際、クリスマスマーケット会期中は
雨の日も何日かあり、
クリスマスイブの今日も人・人・人で大混雑でしたが、

 

●「こんなに人がたくさん通ってるのに
どのリースもすっごく綺麗だね!
さすが日本!!!」

 

という声を聞きました。

 

制作する側も充分に気をつけていますが、
確かに日本人はとってもきっちりしている☆

 

お客さま方がきちんとご覧くださったおかげで、

 

私のリースも、お花が取れたり形がゆがんだり、
全くしていませんでした♪

 

作る側も、見る側も、
お互いに気をつけているからこそ、ですね。

 

 

今回は生徒さまにも
クリスマスリース出展のチャンスが巡ってきました☆

 

今年は、当サロンの生徒さまも
クリスマスリースを出展されましたので、
いつもより、私もちょっとドキドキ。

 

しっかりじっくり、
見てきました!!!

 

tokyo-christmas3

 

たくさんの方に
自分のつくったリースをお披露目できる大きなイベント。
生徒さまにもチャンスをお分けすることができて
本当に良かった~♪

 

生徒さまにとって、やはり励みになりますし、
これからお教室を始めたい方、
お花の技術を身につけよう! とお勉強されている方には
とても貴重な実績になると思います(^^)。

 

 

お客さま方も
じっくりみてくださっていて感激!

 

余談になりますが、、、

 

色々な方が、
「このリース可愛い! つくりたい!」
「これどうやってできてるんだろう??」

 

と、お写真を撮ってくださっていたりしたのですが、

 

ドイツにお住まいでいらしたのかな~?
リースを熱心にご覧になられている男性の方がいらして、

 

「ドイツでは、クリスマスリースは
お墓に飾るのと
キャンドルを灯していくアドベントリースがあるんですよね。
こちらは、どういう趣旨でお作りになられたのですか?」

 

…なんて質問をいただき、
その場で話が盛り上がったりもしましたよ。

 

tokyo-christmas5

 

たくさんの方が、色々な視点で
リースをご覧くださっているんだなあと感じて
改めて嬉しい気持ちになっちゃいました☆

 

東京クリスマスマーケット、
今年は12月25日まで!
ぜひ、皆さんで足をお運びくださいね♪