4歳キッズも「色」にこだわって☆このアレンジ、テーマは実は・・・?

kids2

使いたい「色」がまず決まっていた今回のリース。

 

4歳のお子さまが、お母さまと制作されたフラワーアレンジ。

 

kids1

 

「赤」と「ラベンダー」を基調とした、
エレガントでキラキラしたリース。

 

クリスマスが近い、この時期にも
とっても似合う作品です。

 

kids2

 

・・・実はこの作品、
先に、使いたい「色」のリクエストをいただいていました。

 

女の子ならでは!
この色をえらんだ理由・・・

 

この「赤」と「ラベンダー」。

 

どうして4歳の女の子が、
作るずっと前からリクエストをくれていたかというと・・・

 

「だいすきなプリキュアの色だから!」

 

・・・もう~
幼稚園の女の子らしい、
とってもとっても可愛らしい理由なんです。

 

student13

 

プリキュアもいっぱい登場人物がいますが、
「赤」と「ラベンダー」のイメージが強かったみたいですよ(^^)。

 

色々とアドバイスもしてみましたが、
やはりこの2色はぜったいにゆずれない!

 

そんなこだわりを持ってできた
初作品です♪

 

 

お子さまの作りたいように作らせてあげることが
上達への近道だったりします。

 

 

バランスとか、形とか、配色とか
そんなのは関係なく、

 

「好きな色で好きなお花で」つくる。

 

お子さまにしかできない純粋な作りかたなのかも
知れませんね(^^)。

 

キッズレッスンで一緒にお作りいただくお母さまには、
お子さまの「これがいい!」の意見を
ぜひ尊重してあげて欲しいな~と
思います。

 

 

kids&flower

 

 

まずは、自分の思うとおりにつくってみる。
そして、できあがった作品を見て
「次はこうしよう」という、考えるチカラが身につきます。

 

 

「こっちのほうがいいと思うよ~」なんて
どうしても口出ししたくなっちゃうんですが(笑)、

 

 

ちょっとこらえて(^^)
お子さまがどうして、その色を、そのデザインを選んだのか
聞いてみると、

 

 

お子さまの持っている
素晴らしい感性を発見できるかも知れません♪